かんわのぶろぐ。

好きなことを好きな様に書く。

腐女子と周りの勘違い。

最近ひょんなことから自分が腐女子であることがお客さんにばれた。

 

そんなに隠しているわけではなかったのだが、別に公言することでもなかったから話をしていなかっただけなのだが、たまたま腐女子の生態について話をすることがあって話をしたらそこからどことなく広まってしまった。

 

昨日、お客さんと会話しているときに、私が先週DVDをレンタルしていたのを思い出して、

「DVD返しに行かなきゃ。」

と言ったところ、

「なに、男同士のやつ?」

と聞かれた。そのお客さんとは腐女子話はしていなかったので焦った私は思わず、

「レンタルでは(普通の映画として)そんなのそうそう置いてませんから。」

と答えてしまって、いや突っ込みどころはそこじゃねーだろと自分にセルフで脳内突っ込みをかましながら苦悩していた。

そうすると、

「だって女性同士ものとかは置いてありそうじゃない?だったら男性同士も置いてありそうだよね。」

と言われた。

なるほど、そうだね、うん、私は勘違いをしていたよ。

 

特に否定をしないままその話はそのまま終了した。

 

そもそもね、別に私AVは借りないっていうか、腐女子をなんだと思ってるのかね。

普通の男性の考える腐女子のイメージがなんとなくつかめた気がした。

 

実際レンタルしたDVDは最近どっぷり浸かっている黒執事と、レ・ミゼラブルのDVDだったのだが。

 

やっぱり世間一般的には腐女子のイメージってそうだよね、ということを思った。

 

ちなみに、腐女子、という言葉を勘違いしていて、女として腐っている、いわゆる喪女的な意味合いで話をされる人もいる。

それも私という人間的には間違っちゃいないのでそのまま話をするけれど、人の解釈っておもしろいなーと思う。

 

とりあえず、腐女子だからといってそういうAVは見ないんだよ、という勘違いだけでも否定しとけばよかったかな、と今更思っているけれど、別にいいか。

自分自身の地雷の話。

この話は腐った話です。嫌いな方は回れ右して下さい。

 

 

 

 

 

最近親友と話をする機会があって、自分の同人に対しての性癖の話をした。

私自身地雷というものはほぼ無いと言っていいし、あまり興味の無いCPでも萌えるかもしれないと思うと観てみないと気が済まないという好奇心のおかげで萌え要素にはあまり事欠かない。

 

BLはもちろん、GLもNLも全て美味しくいただけます。

 

しかし、唯一の私の弱点。

 

「夢小説(夢マンガ)」。

 

自分視点、というものが最高に苦手である。

何でと聞かれると正直分からないが色々考えてみた。

 

思い返せば小学生の時、たまたま姉が友人に借りた幽白の同人誌を読んだのがきっかけでBLにハマり、そこからBLも読みつつ、中学生当時買って貰ったゲーム機、セガサターンでギャルゲーというものにハマっていった。

 

ギャルゲーは自分が女なので男主人公に自分を投影することは無かったと思う。

 

しかしこのギャルゲーの時についた癖みたいなもので、BL内においても、

「好きな人(キャラ)は右側に置いて全力で愛でられて欲しい」

という思考があるので、受け側には自分は全く自分自身を置くことがない。

 

あえて出来るとすれば、

「攻め側にまわる」

ならやれると思うが、わざわざしない。

(多分思考としては攻め手側が一番近いと思う。思春期ギャルゲーのお陰だと思われる。)

 

 

なので自分が好きなキャラの夢小説はキャラが左側に立つという時点でないし、じゃあ左側が合う人に愛を囁かれたいかというと、

「おまえは○○にその愛を囁かんかい!ゴラァ!いえ寧ろ彼に囁いて下さいお願いします。私の萌えの為に。」

という腐女子特有の完全我儘な意味不明思考により全く楽しめない。

 

結果夢小説は自分の趣味趣向に合わない、という結論になった。

 

もちろん人によって趣味趣向はあるので、これが腐女子の生態かといえば違うと思うけれど、自分自身の結論は、

「自分は無機質になってひっそりと覗かせて下さい。」

に尽きる。

 

なのでその夢以外はなんでも来い!状態なので今日も萌えには事欠かないのであります。

 

こうやって毎日幸せになれるのだから、腐女子やってて本当に良かったと心から思う。

 

 

P.S 

ちなみにもう一つの地雷…「知り合いの人での妄想」は自分の中ではNGでした。

生執事リコリスについて。

この記事は多少ネタバレがありますので、ネタバレが嫌な方は回れ右してください。

 

 

 

 

最近ひょんなことで、ミュージカル黒執事を見る機会があった。

黒執事をタイトルと絵柄のみ知っていて、内容もまったく知らないし、映画で水嶋ヒロさんが執事役やってたなー、メイちゃんの執事の理人最高だったからハマリ役なんだろうなーくらいの情報しか知りませんでした。

 

ほんと、そんな感じでしか知らなかった私ですが、見てしまったのです。

ミュージカル黒執事ー地に燃えるリコリスー2015を。

 

はい。激ハマりしました。

一発目の古川雄大氏の歌声で落ちました。

古川氏のことは、某鍋祭の雨乞いサンバの原曲を歌ってる人ってことで何となく知ってて(歌声がピンポイントで好み)、その後エリザベートのルドルフを見て、

「あー、儚い役めっちゃ似合うなぁこの方。素敵。」

と思っていました。

 

それがどういうことでしょう、軽くSっ気なイケメン執事(悪魔属性)とか。なにそれめっちゃ最高なんですけど。

めちゃくちゃ美人だし、物腰柔らかいのに得体の知れない悪魔感が漂う、何考えてるかわからない感が半端じゃなかったです。

しかも、古川氏独特の儚げな空気感も漂っているとは…マジ涎しか出ねぇ。

 

そして歌が!歌声が最高なんです。

ああいう曲調もそうですけど、柔らかいのに芯のある歌声はほんとに良かった。

 

そして肝心のストーリーがすごく良かった。

全く黒執事の知識のない私でも判りやすく、入り込みやすかった。

大体の2.5次元舞台って、原作だったりアニメを知らない人間には少し優しくないものだったりするのですが、この作品に関してはそれがなかったように感じます。

 

特にマダムレッドの葛藤部分や切り裂きジャックのストーリーの重さと、ドルイット子爵やアバハンのギャグテイストの部分が丁度良かった様にも思います。

そして、古川氏以外の曲もかなり良い。

ゴシックロック的な曲調は単純に90年代V系をこよなく愛す世代の自分には相当これもストライクゾーンまっしぐらでした。

 

とにかく完全どストライクでしたので、速攻でポチりましたよね、次の生執事も。

 

そしてたまたま行ったCD中古屋で速攻見つけた古川氏のCDを即買いしてるし、レンタルビデオ屋に行って古川氏の出てるDVDを借りに行ったりする程のミーハーっぷりを発揮するという。

この歳にしてこういう事をするなんて考えてなかったのでびっくりですよほんとw

 

文才がないのが悔やまれますが、今回新作の生執事が古川氏続投という事で思いの丈をぶつけて見ました。

一人で行動できる女子が出来るまで。

この仕事をしていると、誰かとどこかへ行くということが極端に減っています。

お客さんとご飯に行くことは禁止されてるし(複数、女性は可)、ぶっちゃけ当日になるまで仕事がどうなるかわからないから事前に約束というのもしにくくて、そうこうしているうちに気がついたら一人で色々行動できるようになってました。

 

そんなアラフォー女子がどこまで一人で行けるのか、遍歴を書いて行こうと思います。

 

①ひとりビリヤード場

これはほんとになにも問題なく行けます。

玉屋店員としても思いますが、お一人様が多い業界ですから、気兼ねなく行きます。

まぁ女性客ひとりは珍しいですけどね。

初めて一人で行った時はドキドキしましたね。

 

②ひとりファストフード

これは流石に誰でも行けるでしょう。昔都会に一人で買い物に行ったら大体ここに入ってご飯食べてました。

 

③ひとり映画

これは寂しいのかな、と思いながらもどうしても観たい映画があって強引に行きましたが、意外といい。気兼ねなくゆっくり観れます。

一時期そうとう行ってました。

 

④ひとりファミレス

個人的には結構気に入っていますが、これをお客さんに言うとかなりドン引きされます。

意外とハードルが高いみたいです。

夜中までやってるのでハイパー夜型人間の私はかなり重宝します。しかし、流石にゴールデンタイムは避けます。

 

⑤ひとりお食事屋さん

これはカウンターのあるお店だと行けます。

私がよく行くのは、ラーメン屋さん・パスタ屋さん・回転寿司・牛タン屋さんなど。

ただ、居酒屋さんは私が下戸なので悪くて行けないです。ここも混んでる時間以外なら行けますね。

 

⑥ひとりカラオケ

これも結構行ってる人いますよね。

好きな歌を好きなだけ歌えるし、昼間の時間帯だと結構多いから全然気にならないです。

これも人によってはドン引きされます。

 

⑦ひとり舞台鑑賞&ひとりライブ

これも結構お一人様多いので気にならないです。

ただ、帰り道とかに感想を言い合えないのが少し寂しいくらいです。

 

⑧ひとり旅行

私の場合一人で遠征に行くことが多いので飛行機やらなにやら一人で行動します。

最近Googleマップさんというとても強い友がいますので、乗り換えやらなにやら調べるのもとても楽です。

計画するのも楽しいのでいいですね。

ただ、気楽な部分もあるのですが、寂しいなーと思うことも結構あります。

 

今現在一人で行けるのはこんなところでしょうか。

買い物は流石に除外しましたが。

こんだけ一人で行けるようになると意外と楽しいですね。

 

ちなみにうちの姉は、ひとりTDLとひとりプロレスを体験していてまじすげーなって思います。(いい感じな喪女姉妹っぷり。)

 

ただ、一人でなんでも楽しめるようになると、どんどん結婚などから遠ざかってしまうので注意が必要かと思われます。

 

だれか遊び誘ってくれよw

 

最近聞いた話。

一応多少の下ネタが絡んで来ますので、読みたくない方は回れ右してください。

 

 

私は元々生理不順で情緒不安定な方なのだが、どうやら、男っぽい格好だったり男っぽくなるとそういうのにも影響って出るらしい。

 

やってる競技ったらたまつきだし、周り男ばっかりだし、着てる服っつったらやっぱりTシャツにGパンだし。しかも年々身体のラインなんざ崩れっぱなしだからラインが出ないようなメンズの服にどんどん偏ってくわけで。

 

そもそもお客さんはそういう対象じゃないから職場恋愛とかそういう事もないし。

自分が年々おっさん化してきている自覚はあるんだが…。

 

それが最近、女心がときめいたわけですよ。

 

理由はたまたま見た『空飛ぶ広報室』っていうドラマ。

 

自分的には原作を読んで面白かったからドラマちょこちょこ見たんだけれど…まぁ、ツボだったわけですよ。

 

別に自分がそうして欲しいとか、こんな風に愛されたい!とかはなかったんですが…まぁこんなことを言うのは完全に失礼な話なのかもしれんが上質な同人誌を見ている時というか…、腐女子的トキメキというか…それがたまたまNLだったというただそれだけだったんです。

 

でもね、試合前で男らしくなっていたためか全く来そうになかった生理がね、突然!そりゃーもう突然きたわけです。ドラマを見終わってきゅんきゅんした直後に。

 

うん、偶然かもしらんし別にだからってことはないんだけれど…でもなんとなくそんな気がするんですよ…女はね、ときめくと、ちゃんと女性になるのねと。

 

まぁ心の底からどうでもいい話だけど、もうすぐアラフォーになるという女がこんなこと言ってっからだめなんだなと自覚した冬。

 

 

 

 

 

初書き。

初めて書きます。

 

基本的にはついったさんで事足りたりするんですが、書き足りないことをつらつらと書いたりしたいです。

 

お目汚しも結構あるかと思いますので、読みたくないのは回れ右してください。